ぎふ景観まちづくりファンド事業 ~ぎふ景観まちづくりファンドとは~

ぎふ景観まちづくりファンドとは

  岐阜市は、道三公、信長公が築いた井の口・岐阜城下町と加納藩の城下町を基礎に発展した歴史的経緯から、町家や旧武家屋敷をはじめとする歴史的資源が多く残り、岐阜らしい歴史的まちなみが形成されていますが 、現在、これらの美しい歴史的まちなみが徐々に壊れようとしています。

  ぎふ景観まちづくりファンドは、岐阜のまちを愛する皆様の参加によって、岐阜ならではの美しい歴史的まちなみを後世に守り伝えていくための基金です。

まちづくりファンドの仕組み

  ぎふ景観まちづくりファンドは、国や市からの資金拠出だけではなく、皆様からの寄附金を基金に積み立て、町家などの歴史的な建物の保全や、変容してしまった町家の再生、一般家屋などを歴史的まちなみに調和させる改修工事などへの助成を行います。

助成改修イメージはこちら

図(ファンドの仕組み) 

ファンドの仕組み 

まちづくりファンドへの参加方法

1. まちづくりファンドに寄附を行い、まちなみを守る事業に役立ててもらう。

→寄附に関する詳しい内容は、下記「寄附について」参照。

2. まちづくりファンドの助成制度を活用し、実際にまちなみを守る事業を行う。

→助成に関する詳しい内容は、下記「助成制度について」参照。

  美しい岐阜ならではの歴史的なまちなみを後世に守り伝えるため、多くの方のご協力をお待ちしております。