ぎふまちフォトコン 入賞作品の決定!!

  平成25年1月18日まで募集を行っておりました「ぎふまちフォトコン(ぎふ景観まちづくりファンド 写真コンテスト)」には、137作品、48名の方からのご応募をいただきました。多数のご応募ありがとうございました。

  ご応募いただいた作品は、ぎふ景観まちづくりファンド 写真コンテスト審査員会において厳正な審査の結果、以下の通り、入賞作品が決定いたしました! !

  ※すべての写真の無断使用、転載を禁じます。

                       01 和の趣
                                                   最優秀賞
                                            『和の趣』  中辻 和子

02 曲がり角    03 「絆」屋
               優秀賞                                                優秀賞
        『曲がり角』  平光  亜花莉                           『「絆」店』   村橋  郁代

04 気持ちの明るさ 05 威厳の門 06 木目の向こう
             審査員特別賞                           審査員特別賞                          審査員特別賞
   『気持ちの明るさ』  髙木  航平        『威厳の門』   後藤  守忠         『木目の向こう』  桐山  紗季

07 静かな正月 08 うなきの寝床 09 赤レンガと蔵
           入選                                      入選                                           入選
『静かな正月』  大西  義人      『うなぎの寝床』  今井  宗久        『赤レンガと蔵』  長原  悠樹
10 蔵 11 妙照寺のながい塀 
                 入選                                             入選
           『蔵』  村瀬  重明              『妙照寺のながい塀』  矢島  康治

入賞をされた方、おめでとうございました。
これら入賞作品など応募作品につきましては、下記の通り展示を行いますので、ぜひご覧ください。

                                       ぎふまちフォトコン 展示
展示場所  岐阜市役所1階 市民ホール
日     時  平成25年2月4日(月)~13(水)まで平日開庁時間。

市民ホール展示

まちなか散策&町家めぐりスタンプラリー ~開催結果報告~

「ぎふ景観まちづくりファンド」を活用して改修された、町家や蔵を巡るスタンプラリーを9月4日(土)に開催しました。

快晴で日差しの照りつける猛暑の中、申込者233名の内183名と、当日に飛び入りで参加された18名の合計201名という、非常に多くの方に参加を頂き、その内の約85%の方が全ポイントを回られました。また、各ポイントに設置してありました募金箱にも、合計で5,967円の募金を頂きました。

ありがとうございました。

参加者の皆様からは、「普段通らない道を歩いたり、町並みが見られて楽しかった。」「なかなか見ることの出来ない、町家の中が見られて良かった。」などの声が寄せられ、岐阜の歴史的な“まちなみ”に興味と関心を持って頂けたと思います。

1 2 3 4 5 6

寄附のお願いについて

ぎふ景観まちづくりファンドは、現代まで大切に受け継がれてきた歴史的なまちなみや建造物を守るために行われる工事に対して助成を行っています。
ファンドの基金は、国と岐阜市からの拠出金に合わせて、広くみなさまからのご寄附を募り、運用をしております。
町家や蔵など、歴史的な建物が残る岐阜の美しい景観を守るためにご寄附をお願いいたします。

 

wanoomomuki_R fukurou_R mon_R kura_R

 

□寄附の手続きについて

次の2通りの方法があります。

1.直接ご持参いただく場合
一般財団法人岐阜市にぎわいまち公社(以下「公社」といいます。)へ寄附金をご持参ください。
手続きを行います。

2.金融機関でお振込みいただく場合
①寄附申出書のご提出 
□□次の寄附申出書」に必要事項をご記入のうえ、公社までご持参いただくか、ファクス・郵便等
□□でお送りください。寄附金用振込用紙をお渡し又は郵送いたします。

 

②寄附金の入金
□□寄附金用振込用紙で下記の取り扱い金融機関でお振込みをお願いします。寄附金照合の
□□手続きのため、ATMやネット銀行からのご入金はお避けください。
☆上記の寄附金用振込用紙を使用して下記の金融機関でお振込みいただければ、手数料は
□□不要です。お振込みの際の「振込金受取書」は大切に保管してください。

〇取り扱い金融機関一覧
・十六銀行岐阜市役所支店
・岐阜信用金庫本店
・大垣共立銀行岐阜支店
・ぎふ農業協同組合本店
・岐阜商工信用組合本店

3.その他
ぎふ景観まちづくりファンドへの寄附については、現在のところ、所得税法・地方税法による
□□寄附金控除及び法人税法の損金算入の別枠扱いの対象とはなりませんのでご了承ください。
寄附をいただいた方には、受入書を交付させていただきます。
1000円以上のご寄附をいただいた方は、公社のホームページや広報誌で公表させていただき
□□ます。
※公表を希望されない場合は、上記申出書の「4.氏名の公表について」の欄に「〇」をご記入
□□ください。

これまでに多くのご寄附をいただき、感謝申し上げます。

ぎふ景観まちづくりファンド事業~助成制度の募集について

1.ぎふ景観まちづくりファンド事業とは
歴史的景観の保全、再生及び創出に資する建造物の工事に対して助成を行う制度です。
建造物の種類に応じて次の3種類の助成金があります。

(1)ぎふまちなみ修景工事助成金(旧ぎふ景観まちづくりファンド助成金※)
(2)ぎふ景観重要建造物保存助成金
(3)ぎふ都市景観重要建築物保存助成金

※平成30年4月から(2)と(3)の助成制度を開始したため、改称しました。

【工事の例】

(改修前)                                        (改修後)

01IMG_2729_R

(屋根葺き替え、樋取替え、漆喰やり替え、玄関引き戸設置、窓サッシ取替え、格子塗り替えなど)

 

その他の例につきましては、こちらをご覧ください。

 
 
 
 
 
 
 
 

                                                                                             

 

2.助成対象区域
「ぎふまちなみ修景工事助成金」の対象区域は、金華地区と鵜飼屋地区です。
「ぎふ景観重要建造物保存助成金」と「ぎふ都市景観重要建築物保存助成金」については、対象区域はありません。

 

3.助成交付要綱

 
 
 
 

 

4.助成内容について
助成の対象となる行為は、次の工事です。

【ぎふまちなみ修景工事助成金】

岐阜市歴史系景観形成方針に適合している次の3種類の工事
(1)概ね昭和20年までに建造された歴史的建造物を維持・復元していく工事
(2)概ね昭和21年以降に建造された一般建造物を歴史的まちなみと調和させていく工事
(3)附属工作物を設置して歴史的まちなみと調和させていく工事

 

(参考)

【ぎふ景観重要建造物保存助成金】
景観重要建造物の保存又は活用に係る工事

【ぎふ都市景観重要建築物保存助成金】
都市景観重要建築物の保存に係る工事

※助成制度は、すべて工事の着工前に審査及び承諾が必要です。

5.募集案内及び手引き(ぎふまちなみ修景工事助成金)

<金華地区版>


<鵜飼屋地区版>

 

地区によって内容が違いますので、ご注意ください。

 

6.助成率
対象工事費の2分の1(対象工事費に消費税は含みません)
※ぎふまちなみ修景工事助成金の格子の工事など、一部例外があります。

 

7.申込期間

(ぎふまちなみ修景工事助成金)
<第1回>
募集期間:平成30年5月18日(金)まで
事前相談:平成30年6月上旬
□□査:平成30年7月上旬

 

<第2回>
募集期間:平成30年9月28日(金)まで
事前相談:平成30年10月初旬
□□査:平成30年11月初旬

 

<第3回>
募集期間:平成30年12月28日(金)まで
事前相談:平成31年1月中旬
□□査:平成31年2月中旬

 

「ぎふ景観重要建造物保存助成金」と「ぎふ都市景観重要建築物保存助成金」の募集期間
については、にぎわいまち公社までお問い合わせください。

 

8.申請の条件
申請には、次の条件を満たす必要があります。
(1)助成を受けた建造物を適正に維持管理していただくこと
工事完了後10年間は、助成を受けた建造物を助成金等の交付の目的に反して使用し、
譲渡し、交換し、除却し、又は担保にすることはできません。
ただし、一般財団法人岐阜市にぎわいまち公社代表理事の承認を受けたときはこの限りでは
ありません。
(2)助成対象の建造物の写真、名称、所在地及び改修工事の概要等の公表について、同意
していただくこと

 

9.事業の承諾
「ぎふ景観まちづくりファンド運営委員会」において事業計画を審査し、適正であると認められた
場合に、ファンド資産の範囲内で事業の承諾を行います。

 

10.助成金の交付
工事の完了後、30日以内に完了報告が必要となります。
完了報告後の検査に合格し、助成金交付請求書を提出していただいた後に助成金を交付
します。
※工事の途中で中間検査を行う場合もあります。

 

11.注意事項
(1)助成金には、それぞれ5年以内に交付を受けることが可能な「助成限度額」があり、限度額
まで交付を受けると、5年間を経過するまで新たな助成を受けることができません。
※一部例外がありますので、詳しくは、にぎわいまち公社までお尋ねください。
(2)事業計画の承諾を得るまでは工事に着手できません。承諾前に着手された場合は、助成金
が交付されません。
(3)助成金は原則として、工事終了後に領収書等で申請者の支払いを確認した後に交付され
ます。
(4)交付された助成金は、所得税の対象となる場合があります。
(5)原則的に1敷地単位の合計で1件の申請とみなします。(土地と建造物の利用形態から
判断して同一の敷地を1敷地とみなします)
(6)その他、関連法令を遵守してください。

 

12.助成金の交付承諾の取消し及び返還
次のいずれかに該当する場合は、助成金の交付契約を解除し、助成金の返還を求めます。
(1)助成金を申請した内容以外の用途に使用したとき
(2)不正の手段により、助成金の交付を受けたとき
(3)承諾事業計画の内容又は承諾事業計画に付した条件に違反したとき
(4)ぎふ景観まちづくりファンド基本方針の「事業の目標」の達成に支障となる行為を行ったとき
(5)ぎふ景観まちづくりファンド基本方針の「事業の目標」の達成に必要な一般財団法人岐阜市
にぎわいまち公社代表理事又はぎふ景観まちづくりファンド運営委員会の指示に従わなかったとき

 

(参考)ぎふ景観まちづくりファンド基本方針(抜粋)
(1)事業の目標
市民の積極的な賛同を得ながら、現在失われつつある歴史的景観を保全、再生及び創出
することを目標とする。特に景観形成上重要な区域については、早期に質の高い歴史的景観
の形成を目指すものとする。
本目標の実現に向けて、市民の景観に対する意識向上と本制度の周知徹底を図りつつ、
岐阜の歴史的景観の形成に資する建造物の工事費の一部を助成するものとする。

 

13.その他
継続的に事業を行うため、みなさまからのご寄附を募集しております。
詳しくは、こちらをご覧ください。

寄附のお願いについて