岐阜文学散歩タウンウォッチング


【概要】

  岐阜のまちは、長良川と金華山に代表される恵まれた自然環境と、人々の日々の暮らしの中で培われた歴史や文化が重なり合って形成されています。この都市空間を市民にとってかけがえのない財産として守り育てていくためには、市民自身が主体となってまちづくりを進めていく必要があり、市民の皆さんが自分たちのまちを知り、まちに誇り、愛着を感じていただくことが重要であります。

  そこで、実際にまちを歩きながら地域に縁のある文学や歴史などの視点から見てもらい、まちづくりの意識を高めてもらおうと平成15年から年に2回ずつ開催している事業です。

                              

【実施状況】

   平成22年度

   ■第16回岐阜文学散歩タウンウォッチング(『美濃』の新機軸~<天性の小説家>小島信夫~)

   ■第15回岐阜文学散歩タウンウォッチング(明治22年・東海道線全通・正岡子規 岐阜へ!)

 

   平成21年度

   ■第14回岐阜文学散歩タウンウォッチング

     (松田悠八「長良川-スタンドバイミー一九五〇」への旅~岐阜長良川の<銀河>をたずねて~)

   ■第13回岐阜文学散歩タウンウォッチング(革手はすごかった~中世・戦乱の世に花開いた文化~)

 

 

平成20年度

 

第12回岐阜文学散歩タウンウォッチング(〈郷土文学〉としての森田草平-文学における〈場所の力〉

 

第11回岐阜文学散歩タウンウォッチング(芭蕉と支考~俳句の歴史の骨格をつくった二人~)

 

平成19年度

 

第10回岐阜文学散歩タウンウォッチング(舟橋聖一の文学行路と「白い魔魚」)

 

第9回岐阜文学散歩タウンウォッチング(岐阜駅の文学)

 

第1回~第10回岐阜文学散歩タウンウォッチングのまとめ

第18回 文学散歩タウンウォッチング ~開催結果報告~

「第18回 岐阜文学散歩 タウンウォッチング」を11月23日(水・祝)に、岐阜市民会館にて開催しました。天候にも恵まれ、38名の皆様に参加いただきました。ありがとうございました。

当日のタウンウォッチングでは、小説に登場する「西別院」がある京町地区を歩き、「四ツ屋公園」や「西別院」では地元の京町自治会連合会の方から、その場所の歴史や地元ならではの話をしていただきました。

参加者の皆さんからは、「豊田穣についてよく理解できました。」「小説『長良川』を是非読みたいと思いました。」「地元の方のお話は貴重でした。」「身近にいながら、知らない事ばかりで大変勉強になりました。」などの感想が寄せられ、有意義な時間を過ごすこととなりました。

 講義TWスタート四ツ屋公園

第17回 岐阜文学散歩タウンウォッチング ~開催結果報告~

「第17回 岐阜文学散歩 タウンウォッチング」を10月22日(土)に、≪長良川おんぱく≫共催イベントとして岐阜市歴史博物館にて開催いたしました。悪天候にもかかわらず、59名の皆様に参加をいただきました。ありがとうございました。

当日は雨天のため、講義後のタウンウォッチングを中止とし、講義時間を拡大して充実した内容で行いました。また、岐阜市社会教育課の方から、織田信長公居館跡発掘調査についての説明や、岐阜おもてなし武将隊 信義徹誠軍の方から活動紹介などもありました。

参加者の皆様からは「小説の読み比べや作家の特徴の比較など、とても楽しかったです」「興味深い読み方を教えてもらった」「おもてなし武将隊、発掘調査、いずれも面白いと思いました」などの声が寄せられ、楽しく有意義な時間を過ごしていただけたようです。

◆当日の様子◆

4 3  1 5

2

第18回岐阜文学散歩タウンウォッチング 参加者募集!

■岐阜文学散歩タウンウォッチングとは・・・

岐阜にある自然や歴史、伝統、文化などにスポットを当て、地域の方が自分の地域の魅力を再発見し、誇りや愛着を持ってもらうこと、及び地域外の方が岐阜の魅力あるスポットを知って興味・関心を持ってもらうことを目的に、専門家による講演会とまち歩き(タウンウォッチング)を実施します。

 

■第18回の概要は・・・

講演会とタウンウォッチング(まち歩き)の2部構成。

講演会では、日本近代文学に詳しい 林正子 先生から、岐阜県ゆかりの直木賞作家・豊田穣の自伝的小説『長良川』について、岐阜の歴史や風土にも触れながらわかりやすく解説してもらいます。

その後のタウンウォッチングでは京町地区において、地域で活動する皆さんにご協力をいただきながら小説に登場する場所を巡ったり、作家の生きた時代(戦前)の様子をお聞きしながら、想いを馳せて散策します。

 

■詳しい内容は・・・

  テーマ  人間の歴史〉としての長良川―豊田穣『長良川』を読む―

  <日 時> 平成23年11月23日(水・祝)午後1時半~4時半

  <場 所> 〔集合及び講演会〕岐阜市民会館・2階大集会室(岐阜市美江寺町2丁目6番地)

              〔タウンウォッチング〕京町地区(岐阜市民会館~四ツ屋公園~西別院~岐阜市民会館)

  <参加費> 無料

  <定 員> 50名(応募者多数の場合、抽選)

  <締切り> 11月9日(水)必着

  <講 師> 林 正子 氏 : 岐阜大学地域科学部教授(日本近代文学専攻)

         著書/『郷愁と憧憬の人生と文学―日本近代現代文学小論集』他

  <タウンウォッチング・ルート案内> 富樫 幸一 氏 : 岐阜大学地域科学部教授(経済地理学専攻)

  <主 催> ぎふまちづくり団体交流会、(財)岐阜市にぎわいまち公社、岐阜市

  <後 援> ぎふまちづくりセンター、岐阜市教育委員会

  <協 力> 京町自治会連合会、京まちづくりの会、イカス(旧)岐阜県庁舎の会

 

■申込方法は・・・

   ①申込書に必要事項を記入の上、㈶岐阜市にぎわいまち公社に郵送またはFAXで応募

       ⇒申込書はコチラ

   ②ハガキ、Eメールでの申込みも可能(郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を記入)

       ※「文学散歩、参加申込」と明記してください。

 

■お申し込み先&お問い合わせ先は・・・

   ㈶岐阜市にぎわいまち公社(文学散歩係)

     〒500-8720 岐阜市神田町1丁目11番地

     <TEL&FAX> 058-266-1377      <E-mail> info@gifu-nigiwai.org

 

  ↓ 昨年度の様子

  07.講義2

 (財)岐阜市にぎわいまち公社01 11.歩き2(柳ケ瀬)

第16回岐阜文学散歩タウンウォッチング~開催結果報告~

「第16回岐阜文学散歩タウンウォッチング」を11月23日(火・祝)に開催いたしました。定員の50名を超える応募を頂き、総勢60名で開催することができました。

大変ありがとうございました。

当日のタウンウォッチングでは、今回の文学散歩の題材本である小説『美濃』の中で「中嶋祥雲堂の若主人」として紹介されている、現在の中嶋祥雲堂のご主人からも、貴重なお話を聞くことができました。

天候にも恵まれ、参加者の皆様からは、「先生の熱意が伝わってくる、すばらしい講義でした。」「柳ケ瀬などゆっくり歩けば、興味のある場所・地域があることを知りました。」「作中の人物の方の話が聞けて、とても興味深かった。」といった声が寄せられ、楽しく学んで頂けたのではないかと思います。

   07.講義2 11.歩き221.祥雲堂2

                        ◆開催当日の様子について、詳細はコチラからご覧下さい◆

第15回 岐阜文学散歩 タウンウォッチング ~開催結果報告~

「第15回 岐阜文学散歩 タウンウォッチング」を7月3日(土)に開催いたしました。雨降りという悪天候にもかかわらず、85名の皆様に参加をいただきました。ありがとうございました。

当日は雨天のため、講義後のタウンウォッチングが中止となり講義が2部構成となりました。第2部は『つもりウォッチング』と題し、いつもとは一味違った視点の楽しい講義となりました。

悪天候でしたが参加者の皆様からは「岐阜駅の変遷史、興味深く聞きました」「分かり易く面白かったです」 「『つもりウォッチング』が楽しかった」などの声が寄せられ、楽しく有意義な時間を過ごしていただけたのではないかと思います。

IMG_2094 IMG_2114 IMG_2129

                    ☆開催当日の様子について、詳細は コチラ からご覧下さい