● 「第3回リノベーションスクール@岐阜」 事前講演会② 8/19(木)開催 (7月19日)
 
 ● 「第3回リノベーションスクール@岐阜」 事前講演会① 7/19(月)開催 (7月5日)
 
 ● まちなか活性化活動拠点施設/やながせRテラス 再開のお知らせ (6月20日)
 
 ● おもてなしトイレマップを更新しました! (6月3日)
 
 ● 令和3年度「ぎふ景観まちづくりファンド事業」について (5月10日)
 
 ● ぎふ景観まちづくりファンドを活用した改修事例 (5月10日)



「第3回リノベーションスクール@岐阜」 事前講演会② 8/19(木)開催

 

「第3回リノベーションスクール@岐阜」事前講演会②を開催します。

 

 プロフィール

「第3回リノベーションスクール@岐阜 事前講演会②」

『日常を編集する
~泊まれる出版社・真鶴出版の取り組み』

               講師:川口 瞬(真鶴出版代表)

◆日時:2021年8月19日(木)19:00~20:30(会場18:30)

◆会場:ロイヤル劇場ビル4階

岐阜県岐阜市日ノ出町1-20(柳ケ瀬商店街内)

◆定員:100名(要予約・先着順) 
    ※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点により、当講演会は事前予約制です。 
事前予約で入力していただいた連絡先については,感染者が発生した際に使用する場合がございますので予めご了承ください。
講演会にお越しの際はマスクの着用、アルコール消毒、受付時に検温のご協力をお願いいたします。

◆料金:無料

 

参加申し込みはコチラから

 

 217454201_408198850523895_6918052173042438268_n  216840685_327376565729302_7083250774847124261_n

 

事前講演会②のチラシはこちらから(PDFで開きます)

◆お問い合わせ:一般財団法人岐阜市にぎわいまち公社 TEL058-266-1377

◆主催:岐阜市
   企画:株式会社リノベリング
   運営:一般財団法人岐阜市にぎわいまち公社
            株式会社リノベリング
            柳ヶ瀬を楽しいまちにする株式会社

※会場には駐車場がありません。公共交通機関等をご利用下さい。

 

◆講師プロフォール

川口瞬

真鶴出版代表。雑誌『日常』編集長。1987年山口県生まれ。大学卒業後、IT企業に勤めながらインディペンデントマガジン『WYP』を発行。“働く”をテーマにインド、日本、デンマークの若者の人生観を取材した。2015年より神奈川県真鶴町に移住。「泊まれる出版社」をコンセプトに真鶴出版を立ち上げ出版を担当。地域の情報を発信する出版物を手がける。「LOCAL REPUBLIC AWARD 2019」最優秀賞。

 

こんな方に参加していただきたい!

・創業起業を目指している
・自分の持っている空き区画のある不動産を創業・起業を目指している人に活かしてほしい!
・新たな事業をまちで展開していきたい!
・自分の持っているスキルやネットワークを活かして社会課題を解決したい!
・まちなかに住むことに面白さを感じていて、住んでみたい!
・その他リノベーションまちづくりに興味がある人、リノベーションスクールのことを知りたい人はもちろん、「自分たちのまちでの暮らしを自分たちでもう少し楽しくしたい!」と思っている方ならどなたでもご参加いただけます。

参加申込は本日より受け付けています。

「第3回リノベーションスクール@岐阜」 事前講演会① 7/19(月)開催

中心市街地における新規出店やまちなか居住の受け皿となる空間創出に向け、遊休不動産を利活用したリノベーションによるまちづくりを推進するため岐阜市では2021年10月1日~3日の3日間で「第3回 リノベーションスクール@岐阜」を開催します。

※3日間の実践型のスクールの他、事前に「まちに関する情報の把握、整理」を行うプレスクールをオンラインで2回開催する予定。

それに先立ち、事前講演会を7/19(月)19:00~より開催します。

参加申し込みはコチラから

(参加申込フォームはGoogleのサービスを利用しています)

 

イベント D A T A

「第3回 リノベーションスクール@岐阜 事前講演会 ①」

『クリエイティブコモンズ〜人がまちを変えていく』

◆日時:2021年7月19日(月)19:00~20:30(開場 18:30)

◆場所:ロイヤル劇場ビル4階(岐阜県岐阜市日ノ出町1-20)

◆定員:100名(要予約・先着順) 
    ※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点により、当講演会は事前予約制です。 
事前予約で入力していただいた連絡先については,感染者が発生した際に使用する場合がございますので予めご了承ください。 
講演会にお越しの際はマスクの着用、アルコール消毒、受付時に検温のご協力をお願いいたします。

◆料金:無料

◆お問い合わせ:一般財団法人岐阜市にぎわいまち公社 TEL058-266-1377

◆主催:岐阜市
   企画:株式会社リノベリング
   運営:一般財団法人岐阜市にぎわいまち公社
            株式会社リノベリング
            柳ヶ瀬を楽しいまちにする株式会社

※会場には駐車場がありません。公共交通機関等をご利用下さい。

 

◆講師  
     渡邊 享子

202427078_1116428032176719_6573050563984731816_n

合同会社巻組 代表社員 1987年埼玉県出身。東京工業大学大学院修了。2011年宮城県石巻市へ移住し、支援活動にあたる若者向けの賃貸を作るため、空き家の改修、企画運営等の活動を始め、2015年合同会社巻組を設立。地方都市で資産価値の低い空き家を活用してクリエイティブな人材が育つ環境を模索しながら様々な事業を展開する。2016年日本都市計画学会計画設計賞を受賞。第7回女性新ビジネスプランコンペティションでDBJ女性起業大賞を受賞。

201993916_349816236499146_4295958899138737796_n   213412727_366127071802669_7975500828358070631_n

こんな方に参加していただきたい!

・創業起業を目指している
・自分の持っている空き区画のある不動産を創業・起業を目指している人に活かしてほしい!
・新たな事業をまちで展開していきたい!
・自分の持っているスキルやネットワークを活かして社会課題を解決したい!
・まちなかに住むことに面白さを感じていて、住んでみたい!
・その他リノベーションまちづくりに興味がある人、リノベーションスクールのことを知りたい人はもちろん、「自分たちのまちでの暮らしを自分たちでもう少し楽しくしたい!」と思っている方ならどなたでもご参加いただけます。

参加申込は本日より受け付けています。

まちなか活性化活動拠点施設/やながせRテラス 再開のお知らせ

 

岐阜市緊急事態宣言の解除に伴い、原則休館としておりました「まちなか活性化活動拠点施設」(やながせRテラスなど)について、6月21日(月)より、開館いたします

 

なお、以下のご相談や申請につきましては、お電話にてご予約の上ご来館頂きますようご協力をお願いいたします。

<相談窓口>

  □ 中心市街地新築住宅取得制度に関するご相談・申請
□ はじめての就職定住に関するご相談・申請
□ 中心市街地の活性化に関するご相談
□ ロイヤル劇場ビルのレンタルスペースのご利用に関するご相談

 

現在、出社する職員数を縮小しております。お問い合わせの内容によりましては、回答にお時間をいただく場合がございます。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力を頂きますようお願い申し上げます。

 

まちなか活性化活動拠点施設/やながせRテラス

  岐阜市日ノ出町1-20 ロイヤル劇場ビル2F
電話:058-201-4010
開設時間:10:00~17:00 木曜日を除く
   
 

令和3年6月20日

一般財団法人岐阜市にぎわいまち公社

   

 

 

おもてなしトイレマップを更新しました!

当公社では、岐阜市からの委託を受け、「おもてなしトイレマップ」第3版を作成いたしました。
-
◇「おもてなしトイレ」◇  

岐阜市のまちなかで、おもてなしの一環として、 image
市民や観光客など、まちなかを訪れる皆さまがトイレを
安心して利用していただけるように、利用可能なトイレを
「おもてなしトイレサイン」にてご案内するものです。

民間の店舗・施設様のご協力を得て実施しております。

-
◆掲載店舗・施設
全25店舗・施設
民間の店舗・施設 10か所
公共施設 15か所

-

◆利用者の方へ
「おもてなしトイレサイン」のあるお店・施設では、
まちなかを散策される方をお待ちしております。
※マナーを守ったご利用をお願いします。

-
◆マップ(PDF)
岐阜市のホームページからPDFをダウンロードお願いします。

まちなかトイレサイン事業「おもてなしトイレ」(岐阜市役所)-

令和3年度「ぎふ景観まちづくりファンド事業」について


基金の残高の範囲内で再募集を行います。


  <申請期間>
 
第1回:令和3年5月12日(水)~令和3年7月23日(金)まで
第2回:令和3年8月2日(月)~令和3年10月29日(金)まで
   
  ※事業計画申出書を受理した先着順に審査を行います
  ※基金の残高が無くなり次第、募集を終了します。(第2回の募集を行わない場合もあります)
  ※事業の詳細は、以下をご覧ください。
 

 

 

 

1.ぎふ景観まちづくりファンド事業とは

 

 

ぎふ景観まちづくりファンド基本方針に基づいて、歴史的景観の保全、再生及び創出に資する建造物の工事に対して助成を行う制度です。
建造物の種類に応じて次の3種類の助成金があります。

   
 

(1)ぎふまちなみ修景工事助成金

 

金華地区と鵜飼屋地区で、歴史的なまちなみに調和させる修景工事等及び、中山道沿道区域で、戦前の建物を維持するための工事に対して、費用の一部を助成する制度です。

 
 
①金華地区

●町家やそれ以外の歴史的建造物を維持・復元していく工事

●一般建造物を歴史的なまちなみと調和させていく工事

●附属工作物を設置して歴史的なまちなみと調和させていく工事

 
 
②鵜飼屋地区

●歴史的建造物を維持・復元していく工事

●一般建造物を自然景観と歴史的、文化的なまちなみと調和させていく工事

●附属工作物を設置して自然景観と歴史的、文化的なまちなみと調和させていく工事

 
 
③中山道沿道区域

 

   
  (2)ぎふ景観重要建造物保存助成金

 

景観法の規定により指定された岐阜市内の景観重要建造物に対する修繕・改修工事に対して、費用の一部を助成する制度です。
該当工事を検討される方は、「(1)ぎふまちなみ修景工事助成金」と助成の内容が異なりますので、岐阜市にぎわいまち公社までお問い合わせください。

 

   
  (3)ぎふ都市景観重要建築物保存助成金

 

旧条例の規定により指定された岐阜市内の重要建築物に対する修繕・改修工事に対して、費用の一部を助成する制度です。
該当工事を検討される方は、「(1)ぎふまちなみ修景工事助成金」と助成の内容が異なりますので、岐阜市にぎわいまち公社までお問い合わせください。

 

   

 

 

2.助成率・助成上限額

   

(1)助成率

 

対象工事費(税抜)の2分の1
※工事の内容によって、一部例外があります。

   

(2)助成上限額

<金華・鵜飼屋地区>
 

①戦前の建物などを維持・復元する工事(200万円まで)
※構造補強に関する工事(上記工事にプラスして100万円まで)
②戦後の建物などを歴史的なまちなみと調和させる工事(150万円まで)
③附属工作物等を設置して歴史的まちなみと調和させる工事(50万円まで)

 

<中山道沿道区域>
 

①戦前の建物などを維持する工事(200万円まで)
※構造補強に関する工事(上記工事にプラスして100万円まで)

 

 

※詳細は、パンフレットや手引き、要綱をご覧ください。
※5年以内に同様な助成を受けられている場合は、上限金額から助成済金額が控除される場合があります。
令和3年度は、基金残高の範囲内による再募集のため、「基金の残高」と、対象工事の「助成上限金額」のうち、いずれか低い額の助成となります。

 

3.申請期間

 
 
第1回:令和3年5月12日(水)~令和3年7月23日(金)まで
第2回:令和3年8月2日(月)~令和3年10月29日(金)まで
   
  ※事業計画申出書を受理した先着順に審査を行います
  ※基金の残高が無くなり次第、募集を終了します。(第2回の募集を行わない場合もあります)
   

 

 

4.申請の条件等

   
申請には、次の条件を満たす必要があります

  (1)助成を受けた建造物を適正に維持管理していただくこと
 
  工事完了後10年間は、助成を受けた建造物を助成金等の交付の目的に反して使用し、譲渡し、交換し、除却し、又は担保にすることはできません。
 

(2)助成対象の建造物の写真、名称、所在地及び改修工事の概要等の公表について、同意していただくこと

  (3)岐阜市の市税を滞納していないこと
  (4)令和4年2月末日までに、工事を完了し所定の完了報告書等を提出できる事業計画であること。
   

※ぎふ景観まちづくりファンド事業は、令和2年度に基金を使い切る見込みであったため、一旦募集を締め切りましたが、基金に残高が生じたため、基金の残高の範囲内で、再募集を行うことになりました。令和3年度は「再募集」のため、これまでと異なる諸条件があります。

 

 

5.事業の承諾

   
 

「ぎふ景観まちづくりファンド運営委員会」において事業計画を審査し、適正であると認められた場合に、ファンド資産の範囲内で事業の承諾を行います。
事業の承諾は、以下の時期を予定しています。(募集締切後、1~2か月を要します)

   
 

第1回募集分:令和3年9月頃
第2回募集分:令和3年12月頃

 

※事業計画申出書を受理した事業計画であっても、同委員会における審査で承認されない場合は、助成金の交付は行われません。
※応募状況や、申請内容により、時期が変更になる場合があります。

   

 

 

6.申請に関する注意事項

   
   
 

(1)事業計画の承諾を得るまでは工事に着手できません。承諾前に着手された場合は、助成金が交付されません。
(2)助成金は原則として、工事終了後に領収書等で申請者の支払いを確認した後に交付されます。
(3)交付された助成金は、所得税の対象となる場合があります。
(4)原則的に1敷地単位の合計で1件の申請とみなします。(土地と建造物の利用形態から判断して同一の敷地を1敷地とみなします)
(5)その他、関連法令を遵守してください。

 

 

7.助成金の交付承諾の取消し及び返還

   
次のいずれかに該当する場合は、助成金の交付契約を解除し、助成金の返還を求めます。

 

(1)助成金を申請した内容以外の用途に使用したとき
(2)不正の手段により、助成金の交付を受けたとき
(3)承諾事業計画の内容又は承諾事業計画に付した条件に違反したとき
(4)ぎふ景観まちづくりファンド基本方針の「事業の目標」の達成に支障となる行為を行ったとき
(5)ぎふ景観まちづくりファンド基本方針の「事業の目標」の達成に必要な一般財団法人岐阜市にぎわいまち公社代表理事又はぎふ景観まちづくりファンド運営委員会の指示に従わなかったとき

   

 

 

8.お問い合わせ先

   
 
   
  一般財団法人 岐阜市にぎわいまち公社   (景観整備機構)
  〒500-8875 岐阜市柳ケ瀬通1丁目12番地   岐阜中日ビル2階
  TEL: 058-266-1377   /   FAX: 058-215-7155
  image
   
  ※受付時間:平日 9:30~17:00
  ※駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。
  お越し頂く場合は、必ず事前にご予約をお願いいたします。
 
   
   
   
   
   

ぎふ景観まちづくりファンドを活用した改修事例

        

ぎふ景観まちづくりファンド事業(ぎふまちなみ修景工事助成金)は、ぎふ景観まちづくりファンド基本方針に基づいて、歴史的景観の保全、再生及び創出に資する建造物の工事に対して助成を行う制度です。

平成20年度に開始以来、これまでに100件を超える物件の改修を支援して参りました。

 

<歴史的建造物>

事例1:金華地区

(改修前)                                        (改修後)

01IMG_2729_R

(屋根葺き替え、樋取替え、漆喰やり替え、玄関引き戸設置、窓サッシ取替え、格子塗り替えなど)

 

事例2:鵜飼屋地区

(改修前)                                            (改修後)

image  ⇒ image

(外壁改修、玄関改修、建具改修、格子改修、構造補強)

 

<一般建造物>

事例1:金華地区

(改修前)                                           (改修後)

IMG_1289DSCF1792 

(屋根葺き替え、格子戸設置、外壁改修など)

 

事例2:鵜飼屋地区

(改修前)                                            (改修後)

imageimage

(塀の新設)

 

<付属工作物>

事例1:金華地区

(改修前)                                            (改修後)

IMG_2407IMG_4534

(室外機カバーの設置)

 

<助成物件数>

歴史的建造物

一般建造物

付属工作物

合計

令和2年度

令和元年度

10

11

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

平成24年度

平成23年度

15

15

平成22年度

18

27

平成21年度

10

10

23

合計

83

16

14

113